【ご案内】〜よし!家族の介護はコレで大丈夫!!〜

将来、介護で悩む前に…

 

 

後悔しない家族の介護、
今から準備してみませんか?

 

 

超高齢社会と言われて久しい今の日本。

世界的に見ても長寿大国と呼ばれ、年齢が 80 代、90 代の方々が元気に旅行したり、時には車やバイクを運転したりと、つい数年前までは考えられない程、若々しく生活されている方が増えていますよね。

 

それはそれでとても素晴らしいことなのですが、そんな親や配偶者を持つあなたは安心こそすれど、

「いつまでも元気で居てくれたら良いけど、いつか自分が親(または配偶者)の介護をする日は来るんだろうな」

と、年を重ねていくご家族の姿を見て、心配な気持ちが脳裏に宿り続けていることは今も昔も変わらないのではないでしょうか。

 

そして、その日はある日突然訪れます

 

ある日突然、

 

  • 認知症の進行
  • 転倒による怪我や骨折
  • 脳卒中

 

予測不能な要因によりあなたの気持ちの整理がつかぬまま、急な介護を余儀なくされるケースは往々にしてよくあります。

 

「これからどうしよう?」

「家族の介護と今の仕事って両立できるの?」

「そもそもまずは何から始めれば良いのだろう?」

などなど不安要素はたくさんあるのではないでしょうか。

 

たしかにいきなり目の前の家族に介護が必要になったら、何からどうすればいいのかわからないですよね。

 

今や社会問題となっている「介護離職」

 

 

厚生労働省の発表によると、2019年に仕事と介護が両立できず、「介護離職」に至った退職者が年間約10万人。

 

また、経済産業省の発表によると、2019年に「介護離職」による経済損失額はおよそ6,500億円と、もはや誰も無視できない大きな社会問題になっています。

 

10万人辞めて6,500億円の損失ですから、1人あたりに換算すると650万円社会に影響を与えているわけです。

 

これを聞くと、

「やばい!仕事辞めなきゃ親の介護できないの?」

「子供もいるのに仕事しながら介護と育児ってできないの?」

「もう有休がないよ。仕事辞めなきゃいけないの?」

と、不安を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

家族の介護も大事。
でもまず大事にして欲しいのは

 

あなたは家族の介護をどう思われていますか?

 

もしかして「家族の介護は自分を犠牲にしてでも、自分がして当たり前」。

 

なんて大変なことを考えていませんか?

 

「今まで親(または配偶者)にいろいろ面倒を見てもらったんだから、ここで自分が投げ出すのは世間的にも非常識だよね」

 

たしかに今まで家族に対するたくさんの恩や義理があると思いますので、ここで何もしないのは確かに心が痛むかもしれません。

 

しかし、それは少し間違っています。

 

たしかに介護をする上で、親や配偶者が、

「家にずっと居たい」

「ここから出たくない」

「これからも好きなことをして生きていきたい」

と言った場合、出来るだけ尊重することも大事です。

 

ですが、それはあなたの仕事や生活の全てを犠牲にしてまでやる必要は全くないんです。

 

介護をする上で親や配偶者の心身状態も確かに大事ですが、まずは介護をするあなた自身の心身状態が充実していることが何より大事なんです。

 

ですから、今後訪れるかもしれない家族の介護に向けて、間違ってもあなた自身の仕事や生活全てを犠牲にして最悪「介護離職」にまで発展することがないようあらかじめ準備をすることが必要かもしれません。

 

コレを読んでもし将来を不安に思い、準備が必要だと感じたあなたに、負担が少しでも軽くなるよう読んでいただきたいのが…

 

『よし!家族の介護はコレで大丈夫‼️』
です。

 

 

家族の介護でやらなきゃいけないことって

 

例えばあなたが急に家族の介護をすることになったとします。

 

もしそうなったとしたら、あなたは何をしなければいけないのでしょうか。

 

 

このようにやらなくてはいけないこと、決めなくてはいけないこと、更に知らなくてはいけないことがたくさんあります。

 

「市役所のどこに何を出せばいいの?」

「そもそも介護保険って何?」

「介護サービスって何使えばいいの?」

「ずっと家に居たいって言ってるけど、そのためにはどうすればいいの?」

 

ざっと挙げただけでもやることが多いのに、わからないことがたくさんありますよね。また、近所に親族がいない場合だと誰に相談すれば良いのかもわかりませんよね。

 

最近は子や配偶者の介護疲れによるストレスでの虐待や殺人などのニュースが後を絶たない状況が続いています。

 

新聞やテレビでも認知症の介護の特集や、家族の介護の苦労話しなどの番組も増えてきました。

 

私は介護の仕事を15年ほどしていますが、地域の方が実際に仕事と介護、さらには子育ても全て家族内でされているケースを本当にたくさん見てきました。

 

「妻が認知症で昼夜問わず外に出てしまう。しかも、帰り道がわからないからついていくしかない!」

「親と子供両方見てられない!自分の時間がまったくない!」

「父がデイサービスに行ってくれないから仕事を休まなきゃいけない!」

 

家族を守るために自分の身を削られている方が本当に多いんです。たしかに素晴らしいことですが、何年続くかわからない介護。その方のお身体やメンタルは本当に大丈夫なのでしょうか。果たして維持し続けられるのでしょうか。

 

私は介護をするあなた自身が健康であるからこそ、介護を受けるご家族は安心して生活できるのではないでしょうか。

 

「疲れそうだな。やっぱりしんどいのかな」

「家族の介護大変そうだな」

「やっていけるのかな」

と、思った時はどうか 1 人で悩みや心配を抱え込まないで欲しいです。

 

コレさえ読めば、

 

 

本書ではそんな悩みに直面したあなたの疑問が少しでも解消、解決に貢献できるよう、PDFで129ページほどのボリュームでまとめています。

 

本書の内容

 

 

《目次》

 

はじめに

 

第1章 要介護認定を受けよう!

・まずは役所へ申請を

・仕事が忙しくて申請をしに行くのが大変

・介護の相談は地域包括支援センターへ

・認定調査は準備が肝心

・主治医意見書は並行して

・要介護認定決まる!

・介護保険負担割合証とは

 

第2章 介護サービスを利用しよう!

・ケアマネジャーと契約を

・ケアプランでケアの方向性を

・住宅環境を整えるには

・車イスは買うべきかレンタルすべきか?

・自宅で介助(かいじょ)が欲しい時は

・寝たきりでもお風呂に入ることができるのか?

・急に退院が決まったら

・退院後もリハビリがしたい

・ご本人が昼間、家に 1 人だと不安

・急な冠婚葬祭!どうすればいいか?!

・介護にも定額サービスがある?

 

第3章 施設サービスを視野に入れよう!

・医療に特化した施設は

・特養は先着順ではない

・老健と特養を足した施設ってある?

・特養入所まで待てない時は

・社会福祉法人と株式会社の違いって

・居室のタイプは時代の流れ

・大型と地域密着型の違い

 

第4章 事例を参考にしよう!

・介護サービスを今すぐにでも利用したい

・要介護度に納得がいかない

・ケアマネジャーって変更できる?

・利用料金が高過ぎる!安くならない?(1)

・利用料金が高過ぎる!安くならない?(2)

・利用料金が高過ぎる!安くならない?(3)

・親が感染症に!介護は?仕事は?

・精神安定剤の是非

 

第5章 要介護度別の介護サービスの流れを知ろう!

・おすすめのパターンはコレ!

・介護で仕事を休んでいる時のお金の補償は?

 

おわりに

 

 

このように家族の介護が必要になった時の申請の手順から介護サービスの種類や内容、よくある事例やお金の話しまで幅広くカバーしています。

 

コレひとつで悩みがなくなるでしょう!

 

 

コレがひとつありましたら親子、夫婦間が互いに「介護をしやすい、受けやすい」環境を少しずつ整えていくことができます。

 

とりあえず今やることやできること、その料金、さらには少しでも安く抑える方法などをできるだけわかりやすく簡潔に解説しています。

 

あなたと家族がいつまでも仲良く、介護が必要になっても互いに最小限の負担で済み、大変かもしれませんがそれでも充実した生活を送れるように。

 

そして最後は家族への介護の後悔が少しでもなくなるような人生を共に歩めるようになれたら、あなたの人生にとっても家族の人生にとっても素晴らしいことではないでしょうか。

 

ですから将来の介護に備えたい方、今介護で悩んでいる方は是非読み進めてください。

 

 

ご購入はコチラから

 

お値段は9,800円(税込)です。

※期間限定!30%OFFクーポンを

お持ちの方は、

3日間限定で、6,860円(税込) となります!

 

えっ!高い!?と思うかもしれませんが、コレさえ読んでいただけたら他の介護の本を買う必要もありませんし、介護の申請やサービスの情報をインターネットで探す手間も省けます。あなたの大切な時間を、あなたの趣味や有意義な時間に使えます。

 

また、介護サービスは利用する種類や、ご家庭の所得の状況によっては減額される可能性もあります。その申請方法も解説していますので、申請が通れば充分元は取れるのではないでしょうか。

 

※クーポンを使用される際は、決済時にクーポンコードをご入力下さい。

 

著者紹介

 

遅くなりましたが、ここで自己紹介をさせていただきます。

 

 

 

1980年(昭和55年)11月 大阪府生まれ

 

2004年(平成16年)12月

ホームヘルパー2級取得

 

2004年(平成16年)12月

全身性ガイドヘルパー取得

 

2010年(平成22年) 3月

介護福祉士取得

 

2011年(平成23年)11月

認知症介護実践者研修修了

 

2012年(平成24年) 6月

認知症対応型サービス事業管理者研修修了

 

2013年(平成25年) 3月

介護支援専門員(ケアマネジャー)取得

 

2014年(平成26年) 7月

小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修修了

 

 

お客さまの声、紹介します

 

ここでは、これまでにご購入いただきましたお客さまからのご感想(レビュー)を紹介します。

 

 

と、内容はあくまでも個人の感想にはなりますが、概ね高評価をいただきました。

 

スポニチに紹介されました

 

2021年8月10日(火)発売の「スポーツニッポン新聞 西部版」にて、紹介されました。

 

↑ 裏表紙の下段中央部に掲載されてます ↑

 

↑ 拡大図 ↑

 

 

よくある質問

 

Q.どれぐらいの量?

A.PDF129ページ、文字にして約43,000字です!

 

「はじめに」と「おわりに」を含めて全5章、37話の構成になります。

 

Q.介護の知識がなくても読める?

A.読めます!

 

どの業界にもあるように介護業界にもやはり専門用語がありますが、その介護用語ひとつひとつを意味も含めて解説しています。

 

Q.読むのに時間がかかりませんか?

A.1話につき約10〜15分ほどで読めます!

 

どの解説も3〜5ページで構成されていて最後に「まとめ」を入れています。ですから読みやすく、電車の移動時間や休憩時間などの空き時間でもじっくり読んでいただけるかと思います。

 

Q.今介護をしている人も読める?

A.是非読んでください!

 

将来の家族の介護に備えたい方だけでなく、今現在介護をしている方も今後の介護の方向性を決める上で是非読んでください。

 

Q.他の介護の本とどう違いますか?

A.お金の話しが多いです!(笑)

 

国からの補償の話しや減額申請の手続き方法などが記載されています。市販の本やネットの情報だとここまで記載できないのではないでしょうか。

 

Q.書いてる人ってどんな人ですか?

A.現役介護職員です。

 

私は介護歴15年でそのうち5年は介護だけではなく、地域の方と多く関わる機会がありました。その際よく聞かれる疑問点をまとめているうちに少しでも困っている人がいなくなったらいいなと思い、今回の執筆に至りました。コレひとつであなたの介護の悩みが少しでもなくなれば幸いです。

 

 

ご購入はコチラから

 

お値段は9,800円(税込)です。

※期間限定!30%OFFクーポンを

お持ちの方は、

3日間限定で、6,860円(税込) となります!

 

全37話構成となりますので、クーポンを使えば1話185(税込)ほどで読めます。読めばあなたは将来、家族の介護に困らない知識を得ることができるんです。

 

コレを機に家族の介護に備えてみてはいかがでしょうか?

 

後悔しない介護をしませんか?

 

あなたのご決断、お待ちしてます。

 

※クーポンを使用される際は、決済時にクーポンコードをご入力下さい。

© 2021 福士の介護SHOP Powered by AFFINGER5